fc2ブログ

僕がギターを作る理由(わけ)~塗装編その4~

これはエr美少女ゲームブランド「OVER DRIVE」の2013年2月28日発売予定の次回作「僕が天使になった理由(わけ)」に出てくるキャラクター「アイネ」の持っているギターの旧デザインを作って勝手に応援してる気分になろう!という自分勝手な企画です。


というわけでまたしてもほぼ2週間空いてしまいました。
それにしても寒いですね。そのせいで塗装の乾燥不良も怖いですがめげずにやっていきたいと思います。


では前回サンディングシーラーを塗ったところから続けます。

なんか前回は無駄に説明が多かった気がするので反省しつつ、サクサク進んでいきたいと思います。



サンディングシーラーを塗ったら、乾燥の為一週間ほど放置します。

乾燥させたボディとネック。
サンディングシーラー乾燥後



乾燥したのを確認して(指で押して指紋が付かなければとりあえずは大丈夫だと思います)塗装面を紙ヤスリの#320で磨いていきます。
紙ヤスリ



これは耐水ペーパーで目詰まり防止の為お湯につけて使います(お湯の方が耐水ペーパーがなじみやすいので)
水没紙ヤスリ


ちなみにペーパーは塗れるとヤスリの面の方向に丸まってしまうので前後バラバラに入れると丸まりにくくなりますよ。
紙ヤスリ2


というわけで研磨していきます。


今回はハケで塗ったこともあって結構垂れてます。
最後に酒を飲んで酔ったまま塗装をしたのも垂れた原因だったりしますが・・・

どれくらい垂れてデコボコになってるかというと・・・少し研磨したのをご覧ください。
ネック研磨後

白いところがヤスリが当たったところで光ってるところがヤスリが当たってないところです。


・・・ひどいもんですねw


そんなひどいもんを平らにしていきます。
大体この光ってる部分がなくなれば平らになったと思っていいんじゃないでしょうか。あとは手で触って違和感がなければ問題ないと思います(以前の木工時のような正確な平面ではなくこの場合は「なめらかである」ということを平面ということにしときます)


研磨後の写真撮り忘れたのでこのまま次に進みますね。



研磨が終わったら一度指板面のマスキングを剥がします。
これはマスキングに塗料が多く乗ると剥離しやすくなってしまうのでその対策です。


その際に指板面に着いた塗料も取っておきます。
指板サンディング加工


取り終えたらもう一度指板面にマスキングを貼り、今度は着色もするので指板サイドにも貼ります。
指板サイドマスキング


これ貼り忘れたら指板サイドも真っ白になっちゃいますからねw

若干指板が見えるくらいの位置に張るのが無難だと思います。
あとは曲がらないように慎重に、ですね。


というわけでキリが良いので今回はこの辺で。
次こそはみんな大好き着色に入りたいと思います。


ではでは。


がー。
スポンサーサイト



訪問者数
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム